インバウンドを埼玉へ。「SAITAMAトラベルマート」参加してきました@東京ガーデンテラス。

企業研修で健康に。健康経営で企業の姿勢を良くする。
ラーンネクスト栗原直道(クリハラナオミチ)です。



インバウンドを埼玉へ。「SAITAMAトラベルマート」参加してきました@東京ガーデンテラス
IMG_2472

IMG_2473
(ときがわカンパニー林業担当、林さんと。)

埼玉県HPよりSAITAMAトラベルマート報道発表資料
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2017/0208-02.html
○商談会
日時:平成30年2月15日(木)13:00~16:00
場所:東京ガーデンテラス(東京都千代田区紀尾井町1-4)4階
紀尾井カンファレンス メインルーム

・バイヤー(旅行会社・メディア)約60団体
・セラー(県内観光事業者)約60団体
計120の団体による商談会となりました。

==
〇ときがわカンパニー合同会社の紹介資料

【武道の里ときがわ町(仮称)】
全国大会へ出場する選手を、多数輩出する武道が盛んな町。
武道家を対象とし、セカンドビジットとして知られてない「場所」や「コト」を体験。
現地の道場で稽古風景を見学。
東国最古の禅寺。建久8年(1197)に慈光寺の塔頭として創建された「霊山院」。
「霊山院」にて「武道の心」「静と動」を感じながら座禅を体験。
宿は明治時時代から100年以上続く老舗の「町田屋旅館」。
地元産の檜を使い、釘を使わない組み込み式の建物は当時の面影を残しています。囲炉裏のある広間では、女将のお手製家庭料理。
目覚めに天然温泉の「玉川温泉」で朝風呂。
「武道」を通じて「ときがわ町」という「都会から一番近い里山」を紹介します。
==
〇商談会を通しての学び

・あるメディア系の会社様からは「武道というテーマが絞られていて面白い」
「道」というのは武道に限らず、日本人の「心」を指す。
日本人の「スピリッツ」を感じてみたい外国人は多い。
・職人や伝統工芸なども同じ。「モノ」にも興味があるが、その職人がどんな「志」で取り組んでいるのか?今の業までたどり着くまでにどんな事をしてきたのか?
そこに至るまでの「プロセス」や、人の「ストーリー」に興味。
・知的好奇心。探求心がくすぐられるメディア。発信力。
・地元で跡継ぎに苦しむ話は多いが、ある外国人からすると「価値」でしかない。
・外国人が「目をつけ」、外国人が興味を持つことに地元の日本人は興味を持つ。
・「外の目線の価値」
・○○の聖地。全国○○NO1は強い。←(ここでもランチェスター戦略だなと)
・自治体は「箱もの」を作れば人が来ると思っているがそうではない。面白さがない。
・ある観光で有名な地域も「宿泊」してもらえない事に困っている。
(観光名所が17時で閉まる)宿泊してもらえないとお金が落ちない。

〇今後していきたいこと
・今回の商談会でアイディアがかなり膨らんだ。ときがわ町でできることを人に伝える。
(ときがわカンパニーメンバーへの共有。ときがわ町役場への報告)
・新たに新しいことを一緒にする仲間が必要である。1人じゃ無理無理(笑)

〇ときがわ町の皆さん、住んでる人が思ってる以上に
「ときがわ町の潜在能力高いよ」

メディアの方々、第三者の意見で共通なのは
「凄い魅力のある町」「地の利の良さ」

ときがわ町で栗原がなにかやりたいってなったら、優しく聞いてあげてくださいね(笑)



そして起業家の日々は続く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です