姿勢の良い整体師が教える「面接で好印象を与える3つのポイント」

企業研修での整体セッションを行う
ラーンネクスト栗原直道です



先日、比企地域で行われたセミナーに、ときがわカンパニー関根さんと
登壇させていただきました。
===
姿勢の良い整体師が教える
「面接で好印象を与える3つのポイント」

アメリカには「You never get a second chance to make a first impression.
(第一印象を与え直す2回目のチャンスは、決して訪れない)」ということわざがあるほど一度ついてしまった印象はなかなか取り戻せません。

最初の約15秒で決まる第一印象。
第一印象はなかなか変えることはできません。

人の見た目は視覚で8割。
聴覚で1割。

見た目と、声で9割を占めます。
ここに全力投球することで、第一印象はバッチリです!

そこで、好印象を与える3つのポイント

●「笑顔」
●「姿勢」
●「声」

笑顔→警戒心を解き「親しみやすく」

姿勢→「有能感」を演出します

声→ハキハキと聞き取りやすく「印象を良くする」

●さらに「カラダのプロ」として、使われる筋肉を「整体セッション」でほぐし
より自然体に演出します

笑顔
→顔の「表情筋」は約30種類あります。
・笑顔を作りやすく、口を開けやすくするため「咬筋」をほぐします。
・アイコンタクト、目をパッチリ開けやすくするためおでこの筋肉「前頭筋」をほぐします。

姿勢
→「肩甲骨」を機能的にほぐし、「自然体」な良い姿勢を保ちます。
良い姿勢で喋らずとも「有能感」を演出しましょう
・「猫背」では良い印象は与えられないですよね


→姿勢を整え、呼吸をしやすくすることで「張りのある」「ハキハキ」とした
声が出しやすくなります
・声がとおりにくい方も、声を鍛える前に「身体」から整えてみましょう

●企業の採用担当者の方はどんな人材を採用したいのでしょう?
・面接で自分をアピールする事は大切ですが、相手は何を求めてるのか先ず考えてみるといいですね
===
先ずはあなたから
グットスマイルの先制パンチで好印象を与えてみませんか?



そして起業家の日々は続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です