全能思考 神田昌典 第三章 営業せずとも顧客が集まる五つの新原則

unnamed

ときがわカンパニー関根さんから貸していただいた
「全能思考」神田昌典

第3章 営業せずとも顧客が集まる五つの新原則

◯成功する会社の不可解な特徴
  • 収益は最終的には顧客からしかもたらされない
  • 顧客が集まらなくなったとたん、赤字に転落する
  • 顧客自身が最大の広告塔
  • 知識社会における成功は、検索から始まる
第1原則 指名検索
  • 指名検索→直接、「商品名」「会社名」で検索
  • 「商品名」ですでにカテゴリー
  • 指名検索を考えることなく、比較される厳しい市場でビジネス運営しようとする。
  • これは知識社会における成功要因を理解していない。
  • 指名されなければその他大勢に埋もれるのみである。
第2原則 検索を促すネーミング
  • 購入関心が高まる瞬間、脇目もふらず検索エンジンに叩き込んでもらわなければならない。
  • 「好印象」「常に話題」「web検索」3つを同時に実現することがネーミングの目的
  • 効果的なネーミングは見出した場合、検索エンジンの小窓は、極小かつ無償の広告塔になったと考えることもできる。
  • 無償の広告塔にカテゴリー名ではなく、あなたの商品名を。
第3原則 自己投影型消費を支える物語
  • 本質に根ざしたリアルな物語
  • 自己投影型の消費とは、未来において、本当の自分になるために、投影できる物語を持った商品や企業を応援する
  • 真に青臭い理想を語り、実行し続ける経営者でなければ、利益を生みにくい時代にようやくなってきたということ。
第4原則 物語にスムーズに入り込める導線
  • 物語に吸い込まれ、営業せずとも顧客が集まる
  • 大切なのはすぐに物語に入り込める事
  • 買い手の購入プロセスの変革
  • 検索が購入判断の真実の瞬間
  • 検索段階で売り手は影響力を発揮しなければならない
  • 商品流通戦略より情報流通戦略
  • 情報を効果的に流通させる為に、知識を体系化。基準をわかりやすく教えられる学習コンテンツを、どれだけ良質に作り込めるかがポイントになってくる
第5原則 サブエピソードを共有する場
  • メインストーリーの軸がしっかりしていると、サブエピソードが次々と語られるようになる。
  • 大事なのは、要素ではなく、それを生み出す「何か」である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です