某社様にて新任管理職とベテラン管理職のペア研修@九州 研修後記【ときがわカンパニーは成長職場】

某社様にて新任管理職とベテラン管理職のペア研修@九州
全12回開催の2回目

 

お昼休憩後、研修に入る前に整体セッション

 

自己理解・相互理解の一部

「挨拶の重要性」につながる整体

===

(先日ミーティングさせていただいた、某総合研究所の方々も、挨拶の重要性についてお話しされていました)

 

▪挨拶の重要性 

・挨拶について評価が低い人が与える影響

・挨拶の評価が悪い人とクレーム発生の関係性

等々

 

「挨拶を徹底させる為に、どんな取り組みをしていますか?」

 

個人作業で考えていただき、その後グループ共有へと促す。

 

▪進行時の課題・反省

・難しくないテーマだったので作業時間、共有時間も短いほうがよかった。

(もしくは場の空気をみて切り上げても良かった)

・メリハリが弱い(間の取り方)

・自分の動きを早く(次の方に質問に行くときの移動)

・皆さんに考えていただいている時は、必ず全体を一周回る。

・グループ共有後、傾聴しに伺う。(目標は3)

・3名は何とか聞けたが傾聴して復唱が難しい。

(これをサラッとやっている関根さん、林さん凄い)

・場数が必要(今回経験を提供してくださったのも感謝です)

 

〇今後研修を運営していくうえで

「時間配分」

研修が後半に差し掛かると、終わりも時間から逆算しなければならない。

(林さんの時間配分凄い。関根さんも絶大の信頼)

〇研修の中から

▪目標設定

 

・経験を積むだけでは× (任せて、丸投げ、ブラック企業になってしまいます)

経験を積むのと同時に、人々との関りを多く持つのが大切【成長職場】

 

研修の中でも管理職の方々が部下育成に頭を抱えています。

右腕となる部下。管理職として育てていきたい部下に対して。

 

管理職の方々は「経営者」「教育者」「管理者」の立場で

ビジョンを描き、経験×人々との関わりを多く持つことが大切

 

====

【ときがわカンパニーは成長職場】

 

ときがわカンパニーで僕が支援いただいているのも

「経験」を積み「人々との関わり」を多く提供していただいています。

 

・ただ経験させるだけではなく、その人のレベルに合わせた「ベビーステップ」を踏ませてくれる。

・ベビーステップが本人は自信となり、実績に繋がっている

・実績が次の仕事に繋がる

・自分は「商品価値があるのか」顧客が求める存在なのか

・起業家は自分の頭で考え仕事を生み出す。

 

ときがわカンパニーに支援いただき、恩返しとなるものは頂いたチャンスに感謝し、コツコツと成長を見せていくことだ。

 

そして精一杯仕事した後の一杯は目にしみるほど旨い!()

そして起業家の日々は続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です